トランプ前アメリカ大統領78歳に 81歳バイデン氏との「老々対決」に自信

Menu

トランプ前アメリカ大統領78歳に 81歳バイデン氏との「老々対決」に自信

  • アメリカ
  • バイデン政権
  • 大統領選挙
  • 民主党
  • 連邦議会

更新日 : 配信日 :

【アメリカ渡航の最新情報はこちら】

11月5日に行われるアメリカ大統領選挙で返り咲きを目指すドナルド・トランプ前大統領は14日、78歳の誕生日を迎えました。ジョー・バイデン大統領(81歳)との「老々対決」が確実となる中、今月27日に放送されるテレビ討論会での論戦に注目が集まっています。
トランプ氏は13日、首都ワシントンで共和党の連邦議会議員と選挙への対応を協議。共和党の結束力を強調し、アメリカ史上最高齢の大統領であるバイデン氏(民主党)との勝負に自信をにじませました。14日はトランプ氏の支持者がフロリダ州の邸宅「マー・アー・ラゴ」に集まり、大規模な集会を開催。同氏は演説で、「78年の人生で最も盛大な誕生日パーティーだ。ここに集まった皆さんの力を糧に11月の選挙戦で必ず勝利し、再び大統領に就任することを約束する」とコメント。「アメリカを強く偉大な国にする」と繰り返し述べ、自身への支持を呼びかけました。トランプ氏は上下両院の党議員団とそれぞれ協議した後、「現在の共和党は非常に団結している」と記者団に説明。協議には2021年の連邦議会襲撃事件後に関係が悪化していた上院トップのマコネル院内総務や、トランプ氏に批判的なロムニー上院議員も出席しました。議会終了後はトランプ氏に誕生日ケーキが用意され、共和党の一丸態勢を演出した形です。
一方で再選を目指すバイデン大統領は14日にSNSを更新し、「老人仲間ドナルドの誕生日を祝福する。年齢は単なる数字に過ぎない」と動画付きのメッセージを投稿。ライバルへの皮肉と共に自身の公約をアピールしました。
今回の選挙は史上最高齢のバイデン大統領と、78歳を迎えたトランプ氏の体力や健康状態も有権者の判断材料のひとつに挙げられます。両氏の支持率は拮抗しており、現在は僅差でトランプ氏が優勢と専門家らは指摘。テレビ討論会を通じて行われる有権者への訴えが、今後の支持率を左右するとみられます。
また、最新の世論調査では両氏の再戦について、国民の48%が「非常に注目している」 「ある程度注目している」と回答。昨年12月の27%から大幅に増加し、選挙への関心が高まっています。

参考元:POLITICOThe Associated PressThe Washington Post