今年の大型連休は日本から3万人がハワイへ渡航 昨年と比べ5,300人増加

Menu

今年の大型連休は日本から3万人がハワイへ渡航 昨年と比べ5,300人増加

  • オアフ島
  • ハワイ
  • ホノルル
  • 渡航情報
  • 観光

更新日 : 配信日 :

【ハワイの入国・帰国に関する最新情報はこちら】

ハワイ州政府は、4月末から5月初旬にかけての渡航者数を発表。大型連休中は日本から3万人以上がハワイを訪れ、昨年と比べおよそ5,300人の増加となりました。1日あたりの渡航者数は昨年が2,481人、今年は3,017人で約1.2倍に上昇。土曜または日曜に出国し、翌週の日曜に帰国するケースが主流となっています。コロナ禍前となる2019年同時期の渡航者数は1日あたりおよそ4,800人でしたが、今年は円安の影響もありハワイ旅行を控える動きが見られました。
4月26日から5月7日に、日本からハワイへ訪れた渡航者数は以下の通りです。

日にち 2023年 2024年 2023年との同日比
4月26日 2,117人 3,363人 +1,246人
4月27日 2,562人 3,467人 +905人
4月28日 2,631人 3,556人 +925人
4月29日 2,566人 2,385人 -181人
4月30日 2,740人 2,280人 -460人
5月1日 1,962人 2,741人 +779人
5月2日 2,508人 3,264人 +756人
5月3日 2,345人 2,641人 +296人
5月4日 1,584人 1,742人 +158人
5月5日 1,139人 1,764人 +622人
5月6日 1,229人 1,393人 +164人
5月7日 1,432人 1,580人 +148人
合計 24,815人 30,176人 +5,361人

また、2024年6月1日から7月31日までの発券分に適用となる各社の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)は以下の通りです。

2024年7月31日までの発券に適用される燃油サーチャージ
※1人1区間の片道適用額 ( )は改定前の価格
JAL(日本航空):2万2,500円 (2万1,000円)
ハワイアン航空:2万2,500円 (2万1,000円)
ANA(全日本空輸):2万2,500円 (2万1,000円)
デルタ航空:2万2,500円 (2万1,000円)
※JALグループのLCC(格安航空会社)ZIPAIRは、燃油サーチャージが航空代に内包されているため該当料金は不要です。

6月1日から7月31日までの発券分に適用となる燃油サーチャージは、各社一律2万2,500円となりました。国際線の需要は安定していますが、円安の影響で1人あたりの支出額は減少傾向にあります。航空各社や大手旅行代理店はハワイへのハネムーンや夏休み旅行を企画し、繁忙期となる8月に向けて集客力を高める方針です。
各航空各社におけるハワイ便のフライト予定は「こちら」をご確認ください。