民間人退避のためガザ地区に「人道回廊」を アメリカ政府がイスラエル首脳らと協議

Menu

民間人退避のためガザ地区に「人道回廊」を アメリカ政府がイスラエル首脳らと協議

  • アメリカ
  • イスラエル
  • イスラム組織
  • パレスチナ
  • ホワイトハウス
  • 国際問題

更新日 : 配信日 :

【アメリカ国内の新型コロナウイルス最新情報はこちら】

目次

ブリンケン国務長官は11日に会見を開き、イスラム組織ハマスが支配するパレスチナ自治区・ガザ地区から民間人を退避させる「人道回廊」の設置をイスラエル側に要望したと発表。「設置の交渉はエジプト首脳らにも行っているが、複雑な背景と事情があり非常に難しい問題だ」と述べ詳細や進捗について明言を避けました。また、現時点でハマスの襲撃により22人の米国民が犠牲となり、17人が行方不明であると報告。人質として拘束されたアメリカ市民も複数いるとみて、早期の解放を求める方針です。
ハマスによる大規模な攻撃を受けたイスラエル政府は9日、ガザ地区の完全封鎖を宣言。電気や水道の供給を停止し、食料や燃料の輸送も遮断しました。こうした中、NSC(米国家安全保障会議)のカービー戦略広報調整官は、航空母艦“ドワイト・D・アイゼンハワー”を中心とした空母打撃軍を地中海に派遣する方針を表明。一部の空母は10日にイスラエル付近に到着しており、海上も緊迫した状況が続いています。カービー氏は空母の展開について、「イスラエルに敵意を抱く組織や国家の戦闘拡大を抑止するため」と説明。アメリカ政府はハマスを長年支援してきたイランやヨルダンを拠点とするイスラム教シーア派組織“ヒズボラ”の加勢を懸念しており、ガザ地区での地上戦を最小限に抑えたい考えです。
バイデン大統領は11日にイスラエルのネタニヤフ首相と電話会談を行い、アメリカの支援状況を報告。UAE(アラブ首長国連邦)のムハンマド大統領とも協議し、人道支援の重要性について話し合いました。

イスラム組織ハマスとは

ハマスはパレスチナ自治区・ガザ地区を実効支配する武装組織で、イスラエルの破壊とイスラム国家の樹立を目標に掲げる戦闘集団です。2007年にガザ地区を掌握して以来、イスラエルと交戦を繰り返してきました。他の武装勢力にも加担して絶え間なくミサイル攻撃を行い、これまで多数のイスラエル市民が犠牲となっています。一方のイスラエル軍も幾度となくハマスを空爆し、ガザ地区の奪還をめぐり戦況が悪化。2007年から治安対策を理由に、エジプトと共同でガザ地区の封鎖を宣言しました。アメリカやEU(欧州連合)がハマスを国際テロリスト集団に指定する一方、イランはハマスを支援し資金や武器の提供を続けています。

パレスチナ自治区・ガザ地区について

パレスチナ自治区・ガザ地区は、イスラエル・エジプト・地中海に挟まれた全長約41キロの領土から成り立つ地域です。現在の人口は約230万人で、世界で最も人口密度の高い地域となっています。ガザ地区の上空と海岸線はイスラエルが掌握し、渡航者の出入国や物品の輸出入は同国政府が管理。国境に近いエジプトも同様にガザ地区にて出入国の審査を行っており、多様なルーツを持つコミュニティが独自の文化を築いてきました。
国連の調査ではガザ地区に住む8割の市民が国際的な援助を頼りに生活し、日々の食料支援を必要とする住民はおよそ100万人に上ります。

パレスチナの由来

パレスチナはヨルダン川西岸とガザ地区のほか、東エルサレムを含む全てのイスラエル区域の総称です。古代ローマ時代より聖書に記されたユダヤ王国の土地とみなされ、ユダヤ人は古来の祖国として畏敬(いけい)の念を抱いてきました。第二次世界大戦の終結から3年が経過した1948年、イスラエルは同区域で建国を宣言。しかし、イスラエルの立国を認めない反対勢力は、現在もパレスチナと呼称しています。

参考元:Cable News NetworkBBC NEWS